「TOSACO」のこれまでとこれから。こうちアントレプレナーナイト#6開催

こうちアントレプレナーナイト




Kochi Startup BASE(運営:エイチタス株式会社)は、合同会社高知カンパーニュブルワリーの瀬戸口信弥さんをゲスト講師として、「こうちアントレプレナーナイト#6」を2019年10月31日(木)に開催すると発表しました。

「こうちアントレプレナーナイト」は、高知県内で活躍する起業家をゲストとして招き、実体験を伝えてもらう対話形式のセミナー。第6回目となる今回のゲストは、高知県で「TOSACO」を醸造している合同会社高知カンパーニュブルワリーの瀬戸口信弥さん。

高知県高知市のKochi Startup BASEにて、2019年10月31日(木)19:00~21:00に開催されます。

トークテーマはブルワリー起業までの経緯とその後について

Kochi Startup BASEは、高知市の蔦屋書店内に設置された共創型スタートアップ支援施設。新規事業創造セミナーやワークショップなどを開催しているほか、コワーキングスペースやイベントスペースも提供しています。

合同会社高知カンパーニュブルワリーは、高知県香美市で2018年に設立。瀬戸口さんは、石見麦酒でのインターンシップを経て、2018年4月から「TOSACO」を販売開始しました。

地域原料と地域循環を意識したビール造りを行っており、土佐文旦の果皮を使った「TOSA IPA」、高知県産米と仁淀川近くで育った山椒を使用した「こめホワイトエール」、高知県産ゆずの皮の香りが残る「ゆずペールエール」などを醸造。

「こうちアントレプレナーナイト#6」では、高知県への移住から起業に至るまで、起業後の困難をどう乗り越えたのか、といった内容について話される予定です。

DATA

こうちアントレプレナーナイト#6
日時:2019年10月31日(木)19:00~21:00(開場:18:45)
場所:Kochi Startup BASE(高知県高知市南御座90-1高知 蔦屋書店3F)
参加費:社会人1,000円(税別)、大学生500円(税別)
参加申込方法:社会人大学生