クラフトビールと地ビールの違いは?その由来と定義を考える

ビール




ここ数年で、クラフトビールという言葉をよく聞くようになりました。

その一方で、クラフトビールとはどういうものかについては、はっきりわかっていない人が多いように思います。また、地ビールとクラフトビールを同じものとして考えている人も多いでしょう。

この記事では、クラフトビールや地ビールの由来を紐解き、それぞれが何を指すものかについて解説したいと思います。

地ビールという言葉の由来と、ブームが終わった理由

ビール

まずは地ビールから。地ビールという言葉は日本にしかないのですが、その由来とともに理由を解説していきます。

1994年、日本の酒税法が改正されました。ビールの製造免許に関わる改正です。

それまでは、年間製造量が2000キロリットル以上でないとビールの製造免許を取ることができませんでした。実質的に大手ビールメーカー以外は参入できない状況だったのです。しかし、改正によって年間製造量が60キロリットルにまで引き下げられたことにより、日本全国で多くの企業がビール業界に参入するようになりました。

この酒税法改正以降にできたブルワリー(醸造所)の造るビールが「地ビール」と呼ばれました。日本酒の「地酒」という言葉から、その地方で造られるビールという意味合いで「地ビール」という言葉が使われて広まったのです。

地ビールを醸造するブルワリーは、ピークの1998年頃には300軒以上にまで増加。この頃は地ビールブームと呼ばれました。しかしその後、地ビールブームは終焉に向かいます。

地ビールブームが終わった3つの理由

地ビールブームが終わった理由としてはいくつか考えられますが、3つを挙げてみたいと思います。

味のクオリティが低かった

残念なことに、「おいしくない」と思われる地ビールが多かったということです。

酒税法が改正される前、1988年から89年にかけて「ふるさと創生事業」が行われていました。その流れもあり、酒税法改正の1994年当時でも、地域振興・地域活性化が意識にあったのです。

そして、地ビールは地域おこしでのお土産としての役割ばかりが期待され、参入が容易になったこともあり品質は二の次になってしまっていました。すべての地ビールがそうであったわけではありませんが、全体としてそういった印象を持たれたことにより、徐々に地ビールは飲まれなくなっていったのです。

価格が高かった

1994年頃の大手ビールの価格は1缶220円前後。それに比べて、地ビールは2倍、3倍以上の価格になるものが多くありました。

また、1994年はサントリーが発泡酒「ホップス」を販売開始した年。価格は180円前後で、ビール自体もこの頃をピークに2000年以降は徐々に値下がりを続けています。

そんな状況で、お土産物としての扱いであっても、やはり地ビールは高かったのです。味のクオリティが低いのに価格は高い。そんなイメージを持たれていました。

消費者が理解できなかった

消費者に、ビールとは大手ビールのような味わい、という画一的なイメージがあったことも要因として挙げられるかもしれません。

今でこそ、ビールには多様な味があることを理解している人も増えていますが、地ビールブームの頃はまだ消費者はそこまで理解できていませんでした。

世の中の状況としても、多様性を意識する時代ではありません。今はビールに限らず、多様であることに価値を見いだせる時代になってきています。その意味では、地ビールは少し時代が早かったのかもしれません。

クラフトビールという言葉は何を意味するのか

マイクロブルワリー

では、クラフトビールという言葉はどこから生まれたのでしょうか。その言葉の由来から考えてみたいとお見おます。

クラフトビールという言葉の由来

言葉自体の発祥は、1980年代のアメリカ。

アメリカのブルワーズ・アソシエーション(醸造家協会、Brewers Association)の創設者チャーリー・パパジアンが、1980年代に「クラフトブルワリー」という言葉を初めて使ったとされています。

その当時のアメリカは、ライトビールが主流でした。言ってみれば、工業製品的に造られる味が薄く低カロリーのビールで、これに対するアンチテーゼの意味合いで造られはじめたのが、クラフトブルワリーの造るビールだったのです。

また、1972年にカスケードというホップ品種がリリースされたことも、アメリカのビールが変わっていった要因とも言えるでしょう。柑橘系フレーバーをつくりだせるこのホップは、1980年以降にさまざまなブルワリーで使われるようになり、アメリカンスタイルのビールが成立するきっかけとなったともいえます。

アメリカでのクラフトブルワリーの定義

上述の通り、アメリカのクラフトブルワリーで造られたビールがクラフトビールというわけですが、現在ではブルワーズ・アソシエーションがクラフトブルワーについて次のように定義しています。

An American craft brewer is a small and independent brewer.

Small
Annual production of 6 million barrels of beer or less (approximately 3 percent of U.S. annual sales). Beer production is attributed to a brewer according to rules of alternating proprietorships.

Independent
Less than 25 percent of the craft brewery is owned or controlled (or equivalent economic interest) by a beverage alcohol industry member that is not itself a craft brewer.

Brewer
Has a TTB Brewer’s Notice and makes beer.

簡単にまとめると、小規模で他社の傘下に入っていないブルワー、ということです。ブルワーは醸造家のことですが、ブルワリーと言い換えてよいかと思います。

繰り返しますが、クラフトブルワリーで造られたビールがクラフトビールと認識されている状況です。

ベルギービールやドイツビールはクラフトビールなのか

ベルギービール

このように、クラフトビールという言葉はアメリカ由来ですが、ベルギーやドイツのように古くからビールを造っている国々のビールはどうなのでしょうか。

ベルギーやドイツをはじめ、ヨーロッパの伝統的なビール発祥国のビールは、一般的にはクラフトビールと呼ばれてはいません。

しかし、その国々でもアメリカのクラフトビールに影響を受けて造られたブルワリーがあります。そういったブルワリーのビールはクラフトビールと言ってもあまり違和感はありません。

このように、アメリカのクラフトビールの影響を多大に受けたビールは、それもまたクラフトビールと言っても差し支えないでしょう。

日本のクラフトビールの定義とは

よなよなエール

では、日本での現状を考えてみましょう。

日本では、1994年の酒税法以降、地ビールという言葉が定着しました。そのブームが終わってしまっても地ビールという言葉は残り、大手ビール以外のビールが地ビールと認識している人も多くいます。

そういった状況で、2000年代になってクラフトビールが日本で知られるようになってきたのです。

アメリカでは、クラフトビールは大手ビールに対するアンチテーゼであったこともあり、状況としては地ビールとクラフトビールが似ている部分があったとも言えます。しかし、日本の場合は大手ビールに対抗する意味合いがあったわけではなく、酒税法改正自体は規制緩和の一環としてのものでした。

その意味では、地ビール=クラフトビールではないと主張したいのですが、世の中の一般認識としてはほぼイコールになってしまっています。両者の明確な定義も浸透しておらず、それが「クラフトビールとは何?」という疑問の原因となっているとも言えるでしょう。

現在のところ日本で唯一、全国地ビール醸造者協議会(JBA)がクラフトビールについて定義しています。

このことから全国地ビール醸造者協議会(JBA)では「クラフトビール」(地ビール)を以下のように定義します。

1.酒税法改正(1994年4月)以前から造られている大資本の大量生産のビールからは独立したビール造りを行っている。
2.1回の仕込単位(麦汁の製造量)が20キロリットル以下の小規模な仕込みで行い、ブルワー(醸造者)が目の届く製造を行っている。
3.伝統的な製法で製造しているか、あるいは地域の特産品などを原料とした個性あふれるビールを製造している。そして地域に根付いている。

(2018.05.)

このように、JBAは地ビールとクラフトビールを同一のものとして扱っています。しかし、前述の通り、地ビールとクラフトビールは成り立ちが異なるもので、本来的にはイコールにできないものです。

しかし、ほぼイコールとなってしまっている現状では、なかなかその意識を変えるのは難しいかもしれません。

地ビール、クラフトビールという言葉を使わない未来に

さて、ここで考え方を変えてみましょう。

地ビールやクラフトビールという言葉は必要でしょうか。これまでは、なんとなく「大手ビール以外のビール」といったモノに対して、一般化する意味をもった言葉としては必要だったのでしょう。

しかし、ビールはビールであって、大手かそれ以外かで区別することではないと考えます。ビールを区別するのであれば、ピルスナーやIPA、スタウトといったビアスタイルがあり、それで十分な機能を果たすものと思っています。

地ビール、クラフトビールという言葉はいつかなくなってほしい。

そうなれば、よりビールの多様性について、多くの人が理解できるようになるのではないか、と思っています。